葦北鉄砲隊(熊本県)

fck20090119104949e58ad28ee7504456 葦北鉄砲隊は、寛永年間中頃(1630年代)肥後熊本藩細川氏が葦北地方の防衛体制の一翼を担う軍事的な目的と、加藤家旧勢力の遺臣を権力機構に取り込み統治を安定させるため、帰農していた在地浪人からなる地侍で鉄砲隊を組織したのが始まりであります。寛永15年の天草・島原の乱での原城総攻撃において目覚しい活躍をみせ、熊本藩士が直接指揮をとる藩直属の鉄砲隊「葦北御郡筒」として、最大規模の時には430名に上る鉄砲隊として、明治3年(1870年)まで存在しておりました。 私たちは、この240年間の長きに渡り葦北を守っていた鉄砲隊の伝統と文化の継承と、歴史の変わり目に大きな影響を与えた火縄銃の技術を現代に体現するべく、火縄銃伝来460年の節目の年、平成15年(2003年)秋に結成されました。

種子島新生社印刷社 全国火縄銃カレンダーより許可を頂き転載しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*