駿府古式炮術研究会(静岡県)

fck20090119101618cca424758569738c 当研究会は、静岡県庵原群富士川町の在住者を中心に火縄銃の歴史と郷土の係わりを研究しつつ、古式砲術演武や火縄銃等の展示を行う団体として平成12年4月に発足しました。富士川町は山梨県との県境に近いため、戦国時代には駿河の今川氏・相模の北条氏・甲斐の武田氏等、領地拡大の戦に捲き込まれ、度々甚大な被害を被っております。 郷土研究グループとして、この様な文献資料を蒐集し研究を行っていくなかで、当地でも火縄銃を使用した可能性が強くなってきたため、同好の士を募り、駿府古式炮術研究会を発足させ、また、研究会内の演武鉄砲隊は、大御所徳川家康のお膝元駿河府(現静岡市)にちなみ、『駿河府鉄砲衆』と名づけております。

種子島新生社印刷社 全国火縄銃カレンダーより許可を頂き転載しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*