日本甘藷栽培初地之碑

201698年、島主種子島久基(栖林)が島の救済事業として、琉球王より甘藷を譲り受け、初めて栽培に成功し、その後サツマイモ(種子島ではカライモ)の名前で日本全国に広まりました。

交通/西之表港から車で10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*